相鉄線・小田急線 大和駅の乗り換え改札機が2018年3月17日より運用開始


相鉄線・小田急線 大和駅の乗り換え改札機が2018年3月17日より運用開始しました。


相鉄広報資料より

相鉄線の都心への相互直通運転に向けて
大和駅に乗換改札機を新設
2018年(平成30年)3月に18台設置
相模鉄道株式会社

相鉄グループの相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・滝澤秀之)では、大和駅(神奈川県大和市)構内に乗換改札機を新設します。
大和駅は、相鉄本線と小田急江ノ島線の接続駅でありながら、これまで乗換専用の改札機が設置されていませんでした。相鉄では、2019年度(平成31年度)下期 (予定)のJR線、2022年度(平成34年度)下期(予定)の東急線との相互直通運転に向けた環境整備の一環として乗換改札機を新設し、ご利用時における経路の明確化を図るものです。
相鉄線と小田急線の連絡通路に乗換改札機を18台、ご案内窓口を2カ所新設し精算手続きやご案内などを行います。2017年(平成29年)11月から設置工事を始め、2018年(平成30年)3月(予定)に乗換改札機の使用を開始します。
なお、乗換改札機の新設後も乗車券をお持ちのお客さまは引き続き相鉄線、小田急線双
方の改札口をご利用いただけます。

3 months ago