相鉄線新型車両20000系 日立ハイブリッドSiC(IGBT)-VVVFが奏でる響くVVVFサウンド! Train sound & movie Sotetsu Series 20000


2018年2月より営業運転を開始した、相鉄20000系の車内外からのVVVFインバータ音です。
東急線へ直通するための車両として用意され、まずは両手T型ワンハンドルマスコンの習熟を目的に20101×10の1本のみが製造されています。当面はほかの10両編成に混じって運用されていく模様です。
VVVFは日立製のもので、ダイオード部にSiC-SBDを適用したハイブリッドSiCと呼ばれる構成のIGBT-VVVFとなっています。相鉄の新製車両で日立製のVVVFを採用したのは1999年9月に製造された8713×10以来となり、また日立製の相鉄車両も同編成以来となります。
主電動機は6極のものを採用しています。(恐らく相鉄電車では初)
低速域の一部に小田急4000形などと同じ雰囲気の音を奏でる部分があるような気がします。
サウンドは車外からと車内から(いずみ野線 いずみ野~二俣川)の両方を用意しています。

簡単なスペック
VVVF:VFI-HR1421G 日立製 ハイブリッドSiC適用 IGBT-VVVF 1C4M
MM: HS32536-04RB 全密閉型かご型三相誘導電動機(日立製) 1時間定格190kw
駆動装置:TD平行カルダン式
歯車装置:KD355/1-B-M 歯数比97:16(6.06)

車外映像撮影地
希望ヶ丘,弥生台,横浜

Twitter:@kk44_1367

3 months ago